血液画像

ケルセチンで血管力をアップしよう!

投稿者:

血管の若さは動脈硬化などの病気のみならず外見や全身の若々しさにも深く関わることが分かってきた。そこで注目したいのが玉ねぎに多く含まれる消せケルセチン。

血液画像

血管の若さが見た目年齢を左右する!?

見た目の若さと血管の若さには相関がある。そんな研究が報告され、血管への注目が高まっています。血管を若く保つことをは動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病を予防するだけでなく外見にも影響することが分かってきた。

中でも血管面積の99%を占める毛細血管に注目。動脈と静脈の間に網目状に存在する毛細血管は全身の細胞に栄養や酸素ホルモン熱を届け二酸化炭素や老廃物を回収する重大な役割を担っている。

しかも肌は体の外側にあるため毛細血管の状態がダイレクトに反映されやすい。見た目年齢と血管年齢が相関する理由はこの辺りにあるのかもしれない。

血管の若さの鍵を握るのが血管の内側にある内皮細胞。」一酸化窒素などを放出して血管の収縮や弛緩を調節し血管の傷の修復酸化防止などにも働ている。

この内皮細胞の機能低下させ血管を老化させる一因は、活性酸素や自律神経の乱れです。
加えて年を取ると血管衰え毛細血管の数も減る。

血管力を上げるには血流を上げ副交感神経を優位にして血管を緩める機械を増やすことが大切です。

 

ケルセチンの抗酸化パワーが血管を守る

そこで注目したいのが強い抗酸化力を持つポリフェノールのケルセチン。 野菜の中では玉ねぎに多く含まれる。

ケルセチンは強い紫外線などの過酷な環境下で植物が自らを守るために作る成分。玉ねぎのケルセチン生成量は品種によって差があります。

ケルセチンは強い抗酸化作用で体内に発生した活性酸素を決して血液をサラサラにし血管を守る。実際玉ねぎのケルセチンには血管内皮細胞を強くする末梢の血流を改善するなどの血管の維持に関わる多数の研究報告がある。

また玉ねぎの臭いの元であるイオン化合物も血流改善に働く。玉ねぎはダブルのパワーで血管力を高める食材なのです。

ケルセチンは水溶性なので調理の際に水に長時間さらさないようにしたり、 溶け出したスープまで飲むといった工夫で逃さず食べることができます。

玉ねぎを日々の食卓にのせ、血管力をアップしよう!